ペットの消臭屋

TEL

マイページ

平日正午(12時)までのご注文は当日発送!(お届け指定をせずにご注文下さい)

除菌・消臭剤 天使の水

全成分開示

天使の水は、安全にご使用いただく為に、全成分開示をしております

  ■ 天使の水 ■ 次亜塩素酸ソーダ 強酸性水
成分と生成法 次亜塩素酸ソーダ・希塩酸・水との混合希釈による生成 次亜塩素酸ソーダの希釈による生成 塩化ナトリウムを水に溶かして電気分解による生成
PH値 6.0~7.1(弱酸性) 8.6以上 2.7前後
安全性 有機物(菌)と接触すると分解して水に戻るため、無公害。人やペットにも安心してお使いいただけます 高濃度の使用では、環境や人体に影響を与える恐れがある 塩素ガスを発生させるため、高濃度の使用は環境や人体に影響を与える恐れがある
安定性 経時変化が少ない 揮発性が高いため、不安定である ガス化しやすく不安定である
金属
腐食
極めて軽微 腐食性は大きい 腐食性は大きい
消臭
効果
悪臭を瞬時に消臭する 消臭能力はあるが、塩素臭が残る 消臭能力はあるが、塩素臭が残る
天使の水は、次亜塩素酸ソーダを使用するという点では、古くからある除菌・消臭システムです

ですが、その次亜塩素酸ソーダのPH値等を調整することによって次亜塩素酸ソーダに含有されている殺菌成分である次亜塩素酸を大量に生成して、それを使用するという点が格段の違いがあります。

通常、使用されている次亜塩素酸ソーダの濃度は厚生省の指導により
200PPm以下の使用となり、PH8.2~8.8程度のアルカリ性になります。

このPH値の範囲ですと、有効殺菌成分の次亜塩素酸の存在比は、10%程度しかないため、消臭力・除菌力共に物足りない・・ということになります

そこで、天使の水は、次亜塩素酸ソーダに低濃度の希塩酸を極少量混合し、弱酸性化することにより、PH6.0~7.3にし、有効殺菌成分の次亜塩素酸の存在比を70~100%へと飛躍的に高め、殺菌力が強化しました。

このようにして生成された天使の水は、次亜塩素酸ソーダの約8倍の殺菌力があります。


次亜塩素酸ソーダは漂白剤に使用されているため「混ぜるな危険!」のイメージがあるようですが、基本的に次亜塩素酸ソーダも希塩酸も厚生労働省が認可した食品添加物ですので、人の口に入っても安全と認識されている成分です。
 
天使の水は、次亜塩素酸ソーダ(NaCIO)が水(H2O)と反応して出来る、次亜塩素酸(HOCI)を大量に含んだ水です。除菌水生成装置(サイクロン製法)で生成された除菌水です。ペットはもちろん食材、手指の洗浄にも使える安心な除菌・消臭水です。




 

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ