ペットの消臭屋

マイページ

平日正午(12時)までのご注文は当日発送!(お届け指定をせずにご注文下さい)

ペットの消臭屋トップ > ペットの消臭の基本

もう迷わせません!消臭方法徹底比較

もう迷わせません!
消臭方法徹底比較

ペットの消臭屋が、多くのお客様から頂く質問。それは・・
「(他社製品名)とどこが違うんですか?どっちが効きますか?」

確かに、数えきれないほどの消臭剤が販売されている昨今、
一体何を選べばよいのかわかりませんよね!

とはいえ、その製品を熟知してもいない私が偉そうに比較するのは
大変失礼なことですから、消臭メカニズムによる違いをまとめてみました

※比較内容は、ペットの消臭屋 湯浅大介個人の見解です

消臭方法(メカニズム)の違い

まず、大掛かりな設備を必要としない消臭方法(消臭のメカニズム)は
大きく分けて4つに分けることができます

下記の表に特徴やメリット・デメリットを紹介しています

消臭方法(メカニズム)

感覚的消臭方法
(芳香剤・アロマ・香水等)

市販の消臭剤にもっとも多い消臭方法

強めの香りで臭いをカバーする「マスキング法」と、良い香りの1部分の材料?として悪臭を取り込み、良い香りにしてしまう芳香剤に多い「ペアリング消臭」があります

メリット
無臭よりも、アロマや香水など、良い香りに包まれたい方にピッタリの消臭方法です
デメリット
強い臭いをカバーするには、かなり強い香りが必要となる事や、臭いが消えないので、そのまま残って蓄積されてしまう事、臭いに敏感なペットにはストレスになる事も多い
ペット消臭への評価
強い臭いが多いペットの消臭には十分でない
消臭方法(メカニズム)

物理的消臭方法
(活性炭・備長炭等)

冷蔵庫の脱臭剤に多く使われる消臭方法

悪臭を吸着して外に出さないようにする消臭方法です

メリット
備長炭や活性炭などはアルカリ性なので、生ごみや冷蔵庫などの酸性の臭いに効果的
デメリット
吸着する「消臭剤」が飽和状態になると、それ以上は臭いを吸着できない事や、あまり強い種類の臭いはカバーしきれない事が多い
ペット消臭への評価
強い臭いが多いペットの消臭には十分でない
消臭方法(メカニズム)

生物的消臭方法
(バイオ系(発酵や微生物交換機能)・抗菌系(ハーブや緑茶など))

悪臭の原因である菌(バクテリア)の発生自体を、抗菌剤や発酵作用や微生物の働きを利用したバイオ系消臭に使用されています

水媒体に使用できるため、魚屋さんや金魚の水槽などにも使用されています

メリット
天然成分を使用したものが多い為、ナチュラル志向な方に人気
臭いを発生させない消臭という意味では、消臭より「防臭・抗菌」という意味合いの方が合うかもしれません
デメリット
消臭剤そのものの臭いが強いものが多く、発生してしまった悪臭に対しての分解や発酵に時間がかかり、即効性が少ないことが多い
ペット消臭への評価
即効性にこだわらず、悪臭発生を抑えたい体臭予防などに◎
消臭方法(メカニズム)

科学的消臭方法
(塩素系消臭剤・クエン酸や重曹など)

悪臭の元となる成分と化学反応によって、臭いのない成分に変える方法です

当店の天使の水やお酢・重曹などによる消臭方法がこの代表で、酸性・アルカリ性による中和反応にによるものや、酸化反応、光触媒などの方法もあります

メリット
消臭と除菌力に優れ、他の消臭方法に比べ比較的即効性がある事が多い
中和反応を利用したタイプは、消臭対象の酸性・アルカリ性に特化して消臭力を発揮するので、目的にあった使用で効果が高まります
デメリット
多岐にわたる消臭には不向きな場合が多く、何を消臭したいのかを選ぶ必要がある
ペット消臭への評価
即効性とおしっこやマーキング等の強い臭いへの消臭力に◎
消臭方法(メカニズム) メリット デメリット ペット消臭への評価
感覚的消臭方法
(芳香剤・アロマ・香水等)


市販の消臭剤にもっとも多い消臭方法
強めの香りで臭いをカバーする「マスキング法」と、良い香りの1部分の材料?として悪臭を取り込み、良い香りにしてしまう芳香剤に多い「ペアリング消臭」があります
無臭よりも、アロマや香水など、良い香りに包まれたい方にピッタリの消臭方法です 強い臭いをカバーするには、かなり強い香りが必要となる事や、臭いが消えないので、そのまま残って蓄積されてしまう事、臭いに敏感なペットにはストレスになる事も多い 強い臭いが多いペットの消臭には十分でない
物理的消臭方法
(活性炭・備長炭等)

冷蔵庫の脱臭剤に多く使われる消臭方法
悪臭を吸着して外に出さないようにする消臭方法です
備長炭や活性炭などはアルカリ性なので、生ごみや冷蔵庫などの酸性の臭いに効果的 吸着する「消臭剤」が飽和状態になると、それ以上は臭いを吸着できない事や、あまり強い種類の臭いはカバーしきれない事が多い 強い臭いが多いペットの消臭には十分でない
生物的消臭方法
(バイオ系(発酵や微生物交換機能)・抗菌系(ハーブや緑茶など))


悪臭の原因である菌(バクテリア)の発生自体を、抗菌剤や発酵作用や微生物の働きを利用したバイオ系消臭に使用されています
水媒体に使用できるため、魚屋さんや金魚の水槽などにも使用されています
天然成分を使用したものが多い為、ナチュラル志向な方に人気
臭いを発生させない消臭という意味では、消臭より「防臭・抗菌」という意味合いの方が合うかもしれません
消臭剤そのものの臭いが強いものが多く、発生してしまった悪臭に対しての分解や発酵に時間がかかり、即効性が少ないことが多い 即効性にこだわらず、悪臭発生を抑えたい体臭予防などに◎
科学的消臭方法
(塩素系消臭剤・クエン酸や重曹など)

悪臭の元となる成分と化学反応によって、臭いのない成分に変える方法です
当店の天使の水やお酢・重曹などによる消臭方法がこの代表で、酸性・アルカリ性による中和反応にによるものや、酸化反応、光触媒などの方法もあります
消臭と除菌力に優れ、他の消臭方法に比べ比較的即効性がある事が多い
中和反応を利用したタイプは、消臭対象の酸性・アルカリ性に特化して消臭力を発揮するので、目的にあった使用で効果が高まります
多岐にわたる消臭には不向きな場合が多く、何を消臭したいのかを選ぶ必要がある 即効性とおしっこやマーキング等の強い臭いへの消臭力に◎       

科学的消臭方法比較

上記の表で、「即効性と強い臭いへの消臭力」を求める方に向いていると
お伝えした科学的消臭方法ですが、 製品によっては刺激が強く、
何でも舐めちゃうペットへの使用には向いていない場合もあります

下記は、科学的消臭方法を成分別に比較しました

消臭方法(成分)特徴

天使の水
(当店オリジナル消臭剤)

次亜塩素酸ソーダ・希塩酸・水で生成を行ったものでPH値は弱酸性に調整しながらも、殺菌力は次亜塩素酸ソーダの約8倍!
食品工場の衛生消毒に使用されているハセッパー水と成分は同じですが、オリジナルPH値と濃度でペットへの安全を第一にしています
安全性
厚生労働省推奨の動物安全検査によって、ペットのお口に入っても心配のない安全性が証明されています
におい
プールのような塩素の臭い
ペット消臭への評価
おしっこやマーキング等の消臭に○
対象(菌)を分解して水に戻すと塩素臭は残らず、安全検査検査済で安心に◎
消臭方法(成分)特徴

クエン酸

柑橘類などに含まれる有機化合物・お酢など
酸性成分の為、アルカリ性(オシッコ等)の臭い汚れや消臭に効果的です
安全性
そのままでは刺激が強いので、薄めて使うと良いでしょう
ペットのお口に入っても大丈夫^^
におい
クエン酸独特の酢のにおい
ペット消臭への評価
おしっこのニオイ等に○
消臭方法(成分)特徴

重曹

炭酸水素ナトリウム・ふくらし粉など
弱アルカリ性なので、油汚れや湯垢などの酸性の汚れニオイに効果的です
安全性
そのまま使ってOK
ペットのお口に入っても大丈夫^^
におい
基本的に無臭
ペット消臭への評価
皮脂汚れなどに○
消臭方法(成分)特徴

強酸性水(機能水)

塩化ナトリウム(塩)を水に溶かし、電気分解による生成を行ったもの
酸性成分の為、アルカリ性よりの消臭に効果的
安全性
塩素ガスを発生させるため、高濃度の使用は環境や人体に影響を与える恐れがあります
におい
プールのような塩素の臭い
ペット消臭への評価
安全であれば○
後に塩素臭が残る
消臭方法(成分)特徴

オゾン消臭

オゾンとの酸化反応によって、臭いの原因(硫化水素やメチルメルカプタン等)を水蒸気に代えてしまいます
安全性
高濃度での使用は、生体への悪い影響が懸念されます
におい
プールのような塩素の臭い
鼻をつく刺激臭を感じる場合も
ペット消臭への評価
安全であれば○
設備投資がかかり、独特の臭いがずっとしている場合が多い
消臭方法(成分)特徴

次亜塩素酸ソーダ

次亜塩素酸ソーダの希釈による生成をされたもの
カビ取り剤や哺乳瓶洗浄液で一般的
安全性
カビ取り剤に使用するような高濃度の使用では、環境や人体に影響を与える恐れがあります
におい
プールのような塩素の臭い
ペット消臭への評価
安全であれば○
後に塩素臭が残りやすい
消臭方法(成分)特徴

ハセッパー水

次亜塩素酸ソーダ・希塩酸・水をハセッパー技術で生成されたもの
食品工場の衛生消毒などに使用されています
安全性
基本的には、菌(臭いの元)に触れると水に戻るので安全ですが、PH値によっては有害な塩素ガスが発生します
におい
プールのような塩素の臭い
ペット消臭への評価
安全であれば○
濃度などによっては塩素臭が残る
消臭方法(成分)特徴 安全性 におい ペット消臭への
評価
天使の水
(当店オリジナル消臭剤)

次亜塩素酸ソーダ・希塩酸・水で生成を行ったものでPH値は弱酸性に調整しながらも、殺菌力は次亜塩素酸ソーダの約8倍!
食品工場の衛生消毒に使用されているハセッパー水と成分は同じですが、オリジナルPH値と濃度でペットへの安全を第一にしています
厚生労働省推奨の動物安全検査によって、ペットのお口に入っても心配のない安全性が証明されています
プールのような塩素の臭い おしっこやマーキング等の消臭に○
対象(菌)を分解して水に戻すと塩素臭は残らず、安全検査検査済で安心に◎
クエン酸

柑橘類などに含まれる有機化合物・お酢など
酸性成分の為、アルカリ性(オシッコ等)の臭い汚れや消臭に効果的です
そのままでは刺激が強いので、薄めて使うと良いでしょう
ペットのお口に入っても大丈夫^^
クエン酸独特の酢のにおい おしっこのニオイ等に○
重曹

炭酸水素ナトリウム・ふくらし粉など
弱アルカリ性なので、油汚れや湯垢などの酸性の汚れニオイに効果的です
そのまま使ってOK
ペットのお口に入っても大丈夫^^
基本的に無臭 皮脂汚れなどに○
強酸性水
(機能水)

塩化ナトリウム(塩)を水に溶かし、電気分解による生成を行ったもの
酸性成分の為、アルカリ性よりの消臭に効果的
塩素ガスを発生させるため、高濃度の使用は環境や人体に影響を与える恐れがあります プールのような塩素の臭い 安全であれば○
後に塩素臭が残る
オゾン消臭

オゾンとの酸化反応によって、臭いの原因(硫化水素やメチルメルカプタン等)を水蒸気に代えてしまいます
高濃度での使用は、生体への悪い影響が懸念されます プールのような塩素の臭い
鼻をつく刺激臭を感じる場合も
安全であれば○
設備投資がかかり、独特の臭いがずっとしている場合が多い
次亜塩素酸ソーダ 

次亜塩素酸ソーダの希釈による生成をされたもの
カビ取り剤や哺乳瓶洗浄液で一般的
カビ取り剤に使用するような高濃度の使用では、環境や人体に影響を与える恐れがあります プールのような塩素の臭い 安全であれば○
後に塩素臭が残りやすい
ハセッパー水

次亜塩素酸ソーダ・希塩酸・水をハセッパー技術で生成されたもの
食品工場の衛生消毒などに使用されています
基本的には、菌(臭いの元)に触れると水に戻るので安全ですが、PH値によっては有害な塩素ガスが発生します プールのような塩素の臭い 安全であれば○
濃度などによっては塩素臭が残る
天使の水は、安心・安全 ペットが舐めても大丈夫な消臭剤です

>>天使の水はこちら

 


ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ