ペットの消臭屋

TEL

マイページ

平日正午(12時)までのご注文は当日発送!(お届け指定をせずにご注文下さい)

ペットの消臭屋トップ > シニア犬が元気に春を過ごすためのポイント

シニア犬が元気に春を過ごすためのポイント

桜が咲き乱れる春が待ち遠しい時期ですが、春は私たち人間にとってもワンちゃんとっても過ごしやすい季節です。

しかし春ならではの注意することもありますので、シニア犬が春を元気にすごすためのポイントをご紹介します。

換毛期に入るので皮膚に注意

換毛期に入るので皮膚に注意

ワンちゃんは定期的に被毛は抜け替わっていますが、暖かい春の季節を迎えると、冬毛が抜け夏毛に変わる換毛期を迎えるために多くの毛が抜け変わります。
また、ワンちゃんのなかでも春のこの時期に換毛期を迎えるのはダブルコートの犬種と言われていますが、換毛期がないとされている犬種でも、これからの春の時期は抜け毛が多くなることもあります。

ダブルコードのワンちゃんは皮膚の下のふわふわとした柔らかいに短い被毛が生えていますが、アンダーコートと呼ばれているふわふわとした被毛がこの時期にごっそり大量に抜けます。

加齢と共にワンちゃんは体毛が少しずつ減ってはきますが、この時期はやはり多く抜けますのでケアは必要です。

この被毛がきちんと抜けきれないと気温が高くなると皮膚が蒸れてしまい皮膚炎を起こす可能性がありますので、抜けるようにブラッシングなどを丁寧にしてあげましょう。

また、ブラッシングする際に、毛が塊まっていることもあり強く引くと、ワンちゃんが痛がったり、皮膚を傷つけることもありますので、やさしく少しずつ塊りをとるようにしましょう。毛の塊りが取れないとはさみでカットしようと思われがちですが、これは皮膚も一緒に切ってしまうこともありますので、注意が必要です。

寒暖差による体調の変化に注意

春は気候も良く、過ごしやすいのですが季節の変わり目でもあるので気温の変化も大きい時期です。
昼間はポカポカ陽気で過ごしやすくも、朝、晩は気温が下がることもあり一日の中でも気温差が大きい日があります。
シニア犬はこの寒暖差にカラダがついていかずに体調を崩してしまいがちです。風邪のような症状がでたり、おなかの調子が悪くなるワンちゃんもいますので、調子が悪いなと感じたら早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

花粉やダニなどにも注意

花粉やダニなどにも注意

春のはじめには花粉も飛散しています。ワンちゃんも花粉症の症状がでることもあり、花粉症もアレルギーの一種ですので、アレルギー体質のワンちゃんは特に注意が必要です。また、気温が上がってくると、ワンちゃんにとっては厄介なノミやダニが活動をし始めます。

お散歩から帰ってきたら、濡れたタオルなどでカラダをきれいに拭き、ブラッシングをしてあげ、花粉や汚れなどのカラダについたものを落とすようにします。
また、ワンちゃんの敷物やおもちゃなども洗濯や熱湯消毒などを行ない、清潔に保つようにしましょう。
ノミやダニの薬はシニア犬にとっては負担が大きいとの言われていますので、薬を飲ませたりすることがないように注意してあげましょう。

春のワンちゃんの被毛のお手入れに
おすすめ消臭剤はこちら

春のワンちゃんの被毛のお手入れに
おすすめ消臭剤はこちら

初回限定保証付き天使の水
数量

※初回限定品(少量でのご購入)は、送料や決済手数料の関係で通常より割高です

一番売れています!
通常商品定期コース
ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ