ペット大学とは学長あいさつ講義一覧サークル活動カリスマ講師シュシュ入学案内
ペット大学TOP >講義一覧>犬のしつけ学科 目次>犬(子犬)のキャリーケースのしつけ
ペット大学,犬学部,犬しつけ,犬習性,
目次へ戻る

Lesson10:犬(子犬)のキャリーケースのしつけ

ペット大学 学長湯浅 元々、狭くて暗い場所が落ち着くはずの犬だけに、家の中なら、キャリーケースでくつろいでいるのに、お出かけで入れると、なぜか騒いじゃう!ってこと、ありませんか?

 

家の中なら平気なのに・・・

元々、狭くて暗い洞穴などを住み家にしていた犬ですから本来、狭くて暗いキャリーケースはくつろぎの場所♪ 

・・であるにも関わらず、お出かけになるとどうしても大人しくしてくれないワンちゃんって、多いですよね?!

※写真は、お出かけに何が何でも付いていきたい?スタッフの愛犬小梅ちゃんです(笑)

それは多くの場合、キャリーケースでのお出かけ時の行き先がいつも「病院」だったり「ペットホテル」だったり・・と、愛犬にとって、嬉しくない行き先である事が多いことが原因になっているようです。キャリーケース自体を嫌がっているのではない場合は、出来るだけ、キャリーケースでの移動→お散歩 など、楽しい事が待っている!!という事を教えてあげると良いですね

 

キャリーケースのしつけが大事な理由

例えば、愛犬が病気やけがになってしまった時など、キャリーケースでの移動が
必要になる場合がありますね。体力を消耗した愛犬は、少しでも安静にして、病院に

連れて行ってあげる事が必要です・・

 

ところが、キャリーケースになれていないワンちゃんや、キャリーケースが嫌いな

ワンちゃんの場合、病院に行くまでに、不安で緊張させたり、興奮させたりしてしまい

ますます病気や怪我を悪化させてしまうかもしれません

 

キャリーケースにある程度慣れておくという事は、とても大事な事ですので

子犬の早い時期から、少しずつ、慣らしておくことをお勧めします!!

 

 

キャリーケースに慣れるしつけ

キャリーケースに慣れさせるしつけは、子犬の社会化がスタートする時期
(生後2週間〜7週間ごろ)から始めるのが良いでしょう。成犬になってから
教えるのは大変ですが、子犬でも成犬でも、まずは、キャリーケースに入ったら、

ご褒美のおやつをあげたり、お気に入りのおもちゃを入れるなどして、
キャリーケースに対しての警戒心をなくしてあげる事が第一歩
です^^

 

キャリーケース移動=苦手な動物病院やペットホテル等、愛犬が

キャリーケースと嫌な事を関連付けないように、気を付けてあげてくださいネ

 

キャリーケースでお散歩に出かけるなど、キャリーケースと楽しい事を

関連付けられるようにしてあげると良いようです。狭いキャリーケースやクレートに

愛犬を閉じ込めるのがかわいそう・・という飼い主さんも居られるようですが、

慣らしておけば、犬にとっては快適なくつろぎスペースです

 

我が家の愛犬CoCoは、玄関にキャリーケースを運んでいくと、置いて行かれてなるものか!!と、

キャリーケースの中に飛び込み、自分でしっかりフタまで締めるちゃっかり犬です(笑

もちろん、鍵は締められませんけどネ^^

 

 

 

 

消臭・除菌スプレー 天使の水
なんでも噛む子犬でも安心の消臭・除菌剤 天使の水はコチラ

目次へ戻る
天使の水1L3本+300mlスプレーセット
全商品送料無料 天使の水のご購入はこちら 初回限定保証付き天使の水
数量

通常商品定期コース
メルマガ会員


除菌・消臭剤 天使の水 商品案内はこちら


犬学部
犬学部
猫学部
小動物学部

フリー。子犬カレンダー部
フリーペット写真部
ペットの消臭屋 公式ブログ
社会貢献 FRIENDSHIP CLUB

ページのトップへ
ペットの消臭屋
Copyright(c) pet universityAll Rights Reserved.