ペット大学とは学長あいさつ講義一覧サークル活動カリスマ講師シュシュ入学案内
ペット大学TOP >犬学部 犬の健康管理学科 目次>Lesson1:犬の病気のサイン
ペット大学犬学部
目次へ戻る

Lesson1:愛犬の病気のサインの見つけ方

ペット大学 学長湯浅人より小さく弱い犬だから、怪我や病気の負担は人より重く、急激に進行しやすいもの。特に、子犬の不調は、急激に悪化する事が多いものなんです。ですから、飼い主さんがいかに早く「愛犬の病気のサイン(不調や異常)」に気づけるかどうかが重要です!ポイントは2つ「元気・食欲、便と尿」です!!

愛犬の元気がない

犬の病気のサイン愛犬に元気があるかどうかを知るには、次のような事が参考になります

・大好きな散歩に行きたがらない
・じっとして、動きたがらない
・目の輝きがない
・泣き声が弱い
 
いつもと状態が違うときは、怪我や病気を我慢しているのかも。様子をみながら、体の隅々に怪我などはないかを調べてみましょう

いつもは大人しい愛犬が、体を触ろうとすると攻撃的な様子を見せる時は、痛い場所を触られるのが怖かったり、触っている場所が痛い場合もありますので、優しく調べてあげましょう。普段から、どこを触られても良い子に出来るようにしつけておくと、変化が分かりやすいですね

 

何の異常も見つからないのに、回復の様子がない時は、早めに獣医さんに相談してください

「なんでもないですよ」と過保護を笑われる方が、手遅れになるより何百倍もいい ですよね?

 

愛犬の食欲がない

急に愛犬の食欲がなくなった時は、病気のサインかもしれません
食欲がなくても元気があるなら、焦らずに。夏バテ程度でも食欲は落ちますから、ドッグフードの水分を多めにして、食べやすくしてみるなど、工夫してもいいですね。何日も食欲がなかったり、元気がなかったりするときは、病気を疑うことも必要です

逆に水分を多量摂取する時は、犬の糖尿病や腎不全、子宮蓄膿症など、心配される病気が多くありますから、早めに動物病院に連れて行くと良いでしょう!


便や尿の状態

人間と同じように、ウンチや尿の状態は、犬の健康状態を知るのにとっても重要
「あ!やっちゃった!!」とあわてて片付けず、毎日、硬さや色をしっかり観察しましょうね^^

 

犬の良いウンチと悪いウンチ

犬の病気 うんちの状態ウンチは人間の耳たぶほどの堅さで、つかんでも壊れないくらいがベスト!子犬の時期は、それよりゆるめである事が多いです。
前日に食べた物によっても、色などは異なり、ニンジンを多く食べると、赤っぽかったり、骨を食べると、パサパサウンチだったり・・

また、生後間もない子犬は、構われすぎるなどのストレスでも、すぐに便に血が混じったりするほどデリケート・・。注意してくださいネ!

 

犬のオシッコで不調を見抜く!

 

オシッコで愛犬の不調を知るためには、回数が異常に増えたり、減ったりしていないかに注目です
また、血が混ざっていたり、普段とは違う嫌なニオイがするようだったら要注意!
うんちと同じように、前の日(前回)の食事内容によっても変化がありますから、おしっこ自体、嫌なニオイであるのは当たり前なのですが、「いつもとは違う。何か変!」と感じられる「嫌な臭い」なのか、そうでないのかも、注意して観察してくださいね

時々、愛犬の様子をお知らせいただき、病院に行くべきかどうかの相談をいただきます
ですが、私はそのワンちゃん「日常」を知りませんから、それが異常なのかどうかの判断はできません
そして、ドクターでもありません
ワンちゃんの一番傍で様子を見ているあなたが「異常」と感じたら、どうぞ早めの受診を!!

 

 

犬の健康管理学科 第1回目のレッスン「愛犬の病気のサイン」はこれでおしまい!
参考になることはありましたか?
飼い主さんと愛犬との暮らしが、ますます快適になることを、心から願っています!!

 

天使の水 消臭剤

ペットが舐めても安心の除菌・消臭剤で愛犬の病気予防!

目次へ戻る
天使の水1L3本+300mlスプレーセット
全商品送料無料 天使の水のご購入はこちら 初回限定保証付き天使の水
数量

通常商品定期コース
メルマガ会員


除菌・消臭剤 天使の水 商品案内はこちら


犬学部
犬学部
猫学部
小動物学部

フリー。子犬カレンダー部
フリーペット写真部
ペットの消臭屋 公式ブログ
社会貢献 FRIENDSHIP CLUB

ページのトップへ
ペットの消臭屋
Copyright(c) pet universityAll Rights Reserved.