ペット大学とは学長あいさつ講義一覧サークル活動カリスマ講師シュシュ入学案内
ペット大学TOP >講義一覧>犬の病気学科目次>Lesson16:犬の症状別の病気(抜け毛)
ペット大学,犬学部,犬しつけ,犬習性,

犬の病気学科 Lesson16

<< 目次へ戻る 【レッスン16】症状別の病気(抜け毛)  |1

ペット大学 学長湯浅

 

ワンちゃんはとっても忍耐強い動物だから、飼い主さんが、少しでも早く病気のサインに気付いて、助けてあげたいですね!ここでは、犬の様々な症状から考えられる「病気」の情報をお知らせします!

◆ 犬の症状別の病気:抜け毛が多い時


犬の被毛は、1年を通じて毛は抜け、生え変わりますが、夏は、冬の毛が抜け落ちる、換毛期なので、特に抜け毛が多くなります。(一部の犬種を除く)
病気を疑う目安は、全身の毛が異常に抜け落ちたり、体の一部の毛だけが抜けてはげるようなら、以下のような病気かもしれません

< 犬の抜け毛から考えられる病気の例 >------------------------------------------

※下記はあくまでも一例です。心配される症状がある時は、獣医さんに相談してください

  • 脱毛症
  • 毛包虫症
  • クッシング症候群
  • 寄生虫
  • ノミ
  • 疥癬
  • ホルモン性皮膚炎

その他、ストレスなどでも抜け毛が増えたり、普段ブラッシングをしていないと、急にごっそり抜け落ちてビックリ!なんで事もありますから、気を付けてくださいね!

 

 

 

犬の病気学科 Lesson16:犬の症状別の病気(抜け毛)は、参考になりましたか?
あくまでも、病気かどうかの判断が出来るのは、獣医師さんだけですから、心配な様子がある時は、
出来るだけ早めに診察してもらってくださいね

 

 

ペットが舐めても安心の除菌・消臭剤で愛犬の病気予防!

天使の水 消臭剤

<< 目次へ戻る 【レッスン16】犬の症状別の病気(抜け毛)  |1
天使の水1L3本+300mlスプレーセット
全商品送料無料 天使の水のご購入はこちら 初回限定保証付き天使の水
数量

通常商品定期コース
メルマガ会員


除菌・消臭剤 天使の水 商品案内はこちら


犬学部
犬学部
猫学部
小動物学部

フリー。子犬カレンダー部
フリーペット写真部
ペットの消臭屋 公式ブログ
社会貢献 FRIENDSHIP CLUB

ページのトップへ
ペットの消臭屋
Copyright(c) pet universityAll Rights Reserved.