ペット大学とは学長あいさつ講義一覧サークル活動カリスマ講師シュシュ入学案内
ペット大学TOP >講義一覧>犬の病気学科目次>犬の症状別の病気(歩き方がおかしい時)
ペット大学,犬学部,犬しつけ,犬習性,

犬の病気学科 Lesson10

<< 目次へ戻る 【レッスン10】犬の症状別の病気 (歩き方がおかしい) |1

ペット大学 学長湯浅

 

ワンちゃんはとっても忍耐強い動物だから、飼い主さんが、少しでも早く病気のサインに気付いて、助けてあげたいですね!ここでは、犬の様々な症状から考えられる「病気」の情報をお知らせします!

◆ 犬の症状別の病気:歩き方がおかしい時(びっこをひく、足を引きずる)


歩き方が、おかしい時に多いのは、ケガです。靴を履かない犬が殆どですから、足の裏に、トゲや釘などが刺さっていることが多々ありますので、まずは足裏を確認してください。ケガの時は、消毒して、ガーゼ・靴下などで刺激を軽減させてあげると良いですね

ケガがないのに、歩き方がおかしいということでしたら、以下のような病気が考えられます


< 歩き方の異常から考えられる病気の例 >--------------------------------------------

※下記はあくまでも一例です。心配される症状がある時は、獣医さんに相談してください

  • 脳の病気
  • 股関節形成不全
  • じん帯の断裂
  • 先天性の関節異常
  • 脱臼
  • 骨折
  • ヘルニア

飼い主さんの気を引くためにわざと「びっこをひく」演技派!?知能犯!?には要注意(笑

 

犬の病気学科 Lesson10:犬の症状別の病気(歩き方がおかしい)は、参考になりましたか?
あくまでも、病気かどうかの判断が出来るのは、獣医師さんだけですから、心配な様子がある時は、
出来るだけ早めに診察してもらってくださいね

 

ペットが舐めても安心の除菌・消臭剤で愛犬の病気予防!

天使の水 消臭剤

<< 目次へ戻る 【レッスン10】犬の症状別の病気(歩き方がおかしい) |1
天使の水1L3本+300mlスプレーセット
全商品送料無料 天使の水のご購入はこちら 初回限定保証付き天使の水
数量

通常商品定期コース
メルマガ会員


除菌・消臭剤 天使の水 商品案内はこちら


犬学部
犬学部
猫学部
小動物学部

フリー。子犬カレンダー部
フリーペット写真部
ペットの消臭屋 公式ブログ
社会貢献 FRIENDSHIP CLUB

ページのトップへ
ペットの消臭屋
Copyright(c) pet universityAll Rights Reserved.